癒しのために風俗を使っているのですが。

僕は癒しのために風俗を使っているのですが、先日友人に「お前風俗なんて使うなよ」って言われました。でも、彼がなぜそう言ったのか、僕にはまったく理解できませんでした。「なんで?」と聞くと、「いやあまりイメージ良くないだろ」と友人。「イメージ?イメージが現実を変えてくれるの?」と僕が言うと、彼は黙っていました。結局のところ、癒しのために風俗を使うことって、何も悪くないと思いますよ。ましてや現実の女性に相手にされないような男性だったら、そういう店を使って癒された方が全然良いと思います。むしろ、そうしないと欲求が爆発してしまった時、逆に怖いと思うんですよね。適度に欲求を開放している方は、風俗が使えるから良いけど、欲望が開放できない人はどんどん溜まっていくだけ。それを考えたら、どちらが幸せなのかなって思いますね。僕はもちろん前者だと思います。これからも僕は使わせてもらいますよ。倫理とか世間の目で、使うことを避けている人は、そんなもの気にするだけ無駄ですよ。

背中を押してくれたのは風俗嬢だった。

僕はいわゆる引きこもりでした。しかし、男って面白いもので、性欲はしっかりあるんですよね。そんな僕は自宅で風俗嬢を使うことにしました。引きこもりだけど、僕は一人暮らしなので、自宅に呼ぶことができたんです。風俗嬢が来てくれて、僕の身体を癒してくれる。なんか、僕みたいな男でも認識してくれる人がいて、気持ち良くさせてくれるなんて、本当に素晴らしいことだなと思いましたね。プレイも最高に気持ち良いし、引きこもっているのが恥ずかしくなりました。風俗嬢は僕の部屋を見て、「もしかして引きこもり?」と勘付いてました。「そうですよ」と僕がいうと、「せっかくイケメンなんだから、もっと外に出て楽しいことをしたら良いと思うよ」と言ってくれたのです。背中を押してくれるのが、まさか風俗嬢だったとは思いませんでした。家族も友人も見放した僕のことを、親身に考えてくれた子に感謝しています。こんなに優しい子が、僕の近くにいたんですね。僕は頑張ります。